歯医者再び

2018/07/06

"What do you up to today?"(今日はどう?)と

オーストラリアのパルからwhatsappで朝メッセージがよくくる。

昨日も今日も歯医者…。

昨日も歯医者の予約がある、という話をして

”Never fun."(楽しくない)ということで一致したのだけれど、

今日もまた歯医者。

「昨日、行ったんでしょ?」と聞かれまして…

ええ、そうです。

行きましたとも!

最近、混むようになった道を通らなければいけないため

いつもは20分前に家を出るところを40分前に出たら

時間帯か、すいすいと行けて、16時予約でしたが

10分前には到着。

今日の私は完璧!と悦に入って、受付に診察券を出したら

「メイさん~」とすぐに名前を呼ばれました。

早く来ると、なにもかもが早いのね~と思ったら、

「…予約は明日の16時半ですよ。」と。

うわぁ~うわぁ~!!と久しぶりの大ボケ。

受付のお姉さんが「今日、大丈夫か先生に確認しますね~」と

機転を利かせてくれて、20分ほど待って治療してもらえ、

「また次回」と言われたので、

「では、このまま明日で。」と受付で言われ

本日は本当の予約日に行くんです。

ええ、昨日はやっちゃったんですよ。

「…うっかり屋さん?」と歯医者で確認されましたが、

聞くまでもないでしょう!

その上、私は忘れないように手に「今日、歯医者16時!」と

油性ペンで、大きく書いていたものだから

歯科衛生士さんにも歯医者さんにも笑われ…

「何もかも違っているのがまたいいですね~!」と

歯医者さんにも言われた。

予約日も時間もすべて違っていることを油性ペンで書いて、

もうどこのうっかりさんでしょうね~と一緒に笑いたい。

私だよ、私…。

「まぁ、歯医者っていうのはあっていたから。」と夫に話すと、

「それも違ったら、もう病気。」と言われる始末。

返す言葉もございません。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村